お役立ち情報|相続

相続は、ご本人(「被相続人」と言います)の死亡によって開始します。
相続登記は、大まかに言うと以下の流れのように進めることが一般的です。

1.相続財産の特定
被相続人名義の不動産や預貯金、株券などの相続財産(この中には負債も含まれます)を調査し、
被相続人から承継される財産を特定します。

2.相続人の特定
「亡くなられた方の相続人はだれなのか?」を戸籍や除籍を収集して確認します。
相続登記を行う場合は、それら戸籍等を全て法務局に提出しますので、漏れの無いよう収集しなければなりません。

3.相続分の決定
「どの財産をだれの名義にするのか?」や「どのように財産を分割するのか?」等を決定します。
(一般的には「遺産分割協議書」を作成することが多いです。相続人全員の実印の押印と印鑑証明書の添付が必要になります。)

4.登記手続き
戸籍や遺産分割協議書等を使用して、登記名義の移転を行います。

当事務所ではご相続についてのご相談を承っております。